FC2ブログ
 

壱岐タケチトのブログ旅行恋愛記

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ アメリカ旅紀行(ニューヨーク編) □

第16章 運命の出会い~自由の女神はほほ笑みかける②

第16章 運命の出会い~自由の女神はほほ笑みかける②

yun_5599x[1]
No.5599 「ミツバチの春」

( Photo by (c)Tomo.Yun )
*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net








【青春のクリスマス・イブ】
yun_714[1]
No.714 「Mid Night X'mas Tree」
( Photo by (c)Tomo.Yun )
*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net




竜也とあおいが付き合い始めて、1カ月を過ぎた。


季節は、12月もうすぐ、クリスマスを終える。


僕は、12月16~19日までオーストラリアのケアンズへ行って来た。


グレート・バリア・リーフという素晴らしい・・・世界一の大珊瑚礁を見に行って来たのだった・・・

GADSC_1766_convert_20100801105054.jpg
*詳しくは本ブログのオーストラリア旅紀行で述べております。


季節はすっかりクリスマス・・・


オーストラリアのお土産を買ってきていたのでので、この間の6人と集まることになった。


重ねて・・・・一か月、交際を続けた竜也とあおいのお祝いパーティー、クリスマス会ををかねて・・・


僕たちは、竜也の家に集まったのだった。


女の子はまどか、優子、あおい・・・そして、僕、竜也、秀人・・・


カップルは竜也とあおい。


全員
「メリー・クリスマス!」


壱岐
「まどか、クリスマスというのに彼氏、仕事とは残念だな・・・」


まどか
「うん、彼の仕事、サービス業だからこの時期特に忙しいの。今日は徹夜みたい・・・私達、付き合ってから一度もクリスマス、一緒に過ごしたことないんだから。」


秀人
「でも、そのおかげでまどかたちとこうやって会えて嬉しいな!」


竜也、秀人とは親友なのでよく会うが、まどかはこうやって遊ぶのは本当に少なくて最近だ。


というより、2回目・・・・


もっとも僕とまどかが結ばれているのは”まどかの旅行の注文”・・・・


それがなければ僕とまどかは、まず会うことはない。


最もまどかも彼氏がいるために独りで(この場合はあおいも優子もいるが)他の男の子と会うのもおかしい。


前回の合コンはまどかの後輩が彼氏を募集している・・・まどかから旅行の注文をもらったときに偶然、そんな話を聞いて僕たち3人(壱岐、竜也、秀人)も彼女を募集していたので”合コン”を行うことになった。


そして今回の集まりはクリスマス会という名目もあるが・・・





”竜也とあおいの恋人になったお祝いパーティー”
yun_3271x2x[1]
「ブーケ」
( Photo by (c)Tomo.Yun )
*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net




これが一番の目的・・・


竜也の電話があって次の日、僕とまどかで一ヶ月後ぐらいにお祝いパーティーをしようと決めた。


一ヶ月ぐらいがちょうどよいのではないかということで・・・


そして・・・僕たちは今日集まったのだった。









まどか
「竜也、あおい、おめでとう!」


秀人
「おめでとう!突然の報告で驚いたよ・・・」


竜也
「すまなかったな・・・あおいに公開はもう少し待ってほしいと言われてたから」


優子
「あおい、何も言わないんだから」


あおい
「ごめんね・・・隠すつもりはなかったんだけど・・・一ヶ月ぐらいたって落ち着いてからみんなに報告する方がいいかと思って」


まどか
「そうそう!恋の勝負は1カ月・・・その次は3カ月・・・半年・・・1年・・・3年・・・そして、ゴールウィン!3年後には愛しのダーリンにエンゲージリングをもらうのよ!」


壱岐
「別に・・・3年も待たなくてもいいんじゃないの笑」


まどか
「3年なんて言うのはただの目安よ!1年でも2年でも女性はエンゲージリングは嬉しいわ」


優子
「でも、先輩(まどか)って彼氏とは3年以上、付き合っているんですね・・・なんか長くて羨ましいなあ」


まどか
「・・・長けりゃいいてもんじゃないわよ・・・・全くあいつ(彼氏)は何を考えているのかわからないから」


あおい
「でも・・・わかります・・・あたしも放任されるのとか凄く嫌だし・・・あたしはぐいぐい引っ張っていってくれる人がいいな☆」


秀人
「竜也、あおいさんがこう言ってるぞ!きちんとあおいさんを引っ張って行ってやれよ!」


竜也
「・・・・ああ・・・・」


秀人
「何だよ・・・今日はやけにおとなしいな?!皆の前だからあおいさんといるのに緊張してるな」



”竜也のやつ・・・まだ転勤のことは、言ってないみたいだな”


付き合ってすぐの彼女にそうそう転勤になることなど言えるわけがない・・・


しかしいつかは言わないといけない・・・・


言わないとあおいさんを苦しめることになる・・・


しかし・・・ぎりぎりまで言わないで最後の半年の想い出を楽しむという手もある・・・


あおいさんは最後の最後では辛いかもしれないが、竜也の東京転勤の直前までは竜也と楽しいひと時を過ごせる・・・まるで想い出づくりだけのため・・・


でもこれは・・・隠し続ける竜也の方がきついかもしれない・・・・



でも、竜也が東京に転勤になるからだと言って竜也とあおいが”終わる”とは限らない。


遠距離恋愛もできるし、なんだったらあおいが東京に着いて行くこともできる。


限りなく可能性は低いかもしれないが竜也が東京の転勤を断るかもしれない・・・



いずれにしても勝負はこの何カ月・・・というより今12月下句のため、もう3か月半ぐらいしかないが・・・




まどか
「まあ、今日は世間はクリスマス・・・この聖夜のクリスマスは盛大に楽しみましょう!」


全員
「イェーイ!」


僕たちは買ってきたシャンパンで再び乾杯!


夕食はクリスマス会ということでケンタッキー、そしてピザを頼んでいる。



そして・・・・







クリスマスといえば・・・・











クリスマス・ケーキ!
yun_5686[1]
「クリスマスケーキ」
( Photo by (c)Tomo.Yun )
*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net



買ってきたケーキだったが、本当においしかった。


ケーキも食べて・・・特には女性陣はケーキに大満足!\(^o^)/


余談だが、女の人の脳の大部分には”甘いもの”という欲望が占めていると本で読んだことがある・・・


ケーキも食べて・・・僕たち6人は、竜也の家で騒ぎまくっていた・・・


竜也はあまりあおいと一緒にいなくて、話もしない。


僕たちがいるので話しにくいのだろうか?


その気持ちもわかるが・・・・


竜也と秀人は、プレイステーションの野球ゲームを熱闘していた。


竜也
「打て!ここで打つんだ!」


秀人
「ここは絶対に抑えてやるよ!」


優子
「あーあ・・・ゲームに夢中になっちゃって・・・なんか、男の人って本当に子供みたいだね笑」


まどか
「うちのも(彼氏)ゲーム好き好き!やりだしたら人の話も全部”あー。うん。”ばっかで全然聞いていないの」


あおい
「タケチトさんはゲームはしないんですか?」


壱岐
「あー・・・・昔は凄くやってたんだけどなあ・・・・ドラクエ、FFとか・・・あと格闘ゲームのストリートファイターⅡとか・・・・でも社会人になってからしないかな・・・・笑」



あおい
「あーっ・・・同じだ・・・・私もドラクエとかは少しやったことあるよー!あんまり意味はわからなかったけどね・・・・苦笑」



竜也と秀人は野球ゲームに夢中・・・・


まどかと優子は何やら会社の仕事お話で深刻な話をしている・・・・


そこで、はみごになっている僕とあおいは二人でいろいろと話をしたのだった。



あおい
「竜也って凄くクールで大人っぽい感じがするね」


壱岐
「そうかなあ・・・まあ女の子から見ればそう見えるかも・・・高校の時から野球一筋で練習もひたすらクールに行っていたなあ・・・」


あおい
「竜也、もてたんだ!」


壱岐
「けっこうもててたよ。野球でも2年生からレギュラーだったので女子も竜也ファンみたいなのもいたし(笑)」


あおい
「タケチトさんは?」


壱岐
「俺?!  俺なんか全然全然!(笑)  野球も下手だしこれといった特技もない。そりゃあ、竜也の方がずっともててたよ」


あおい
「でもタケチトさんと竜也、秀人は仲がいいんだね」


壱岐
「付き合いも長いからなあ・・・腐れ縁みたいなものもあるし」


あおい
「そういうのいいね・・・・なんかうらやましいな!・・・・タケチトさんは今、彼女はいないの?」


突然、あおいが僕に聞いてきた。


壱岐
「彼女?!彼女はいないなあ・・・募集中(笑)あっ、あと秀人もね!!」


秀人
「秀人、彼女大募集中!」


壱岐
「お前、話聞いてたのかよ(笑)」


あおい
「でも、タケチトさん、優しそうだからすぐに彼女できそう・・・笑」


壱岐
「そんなことないよ・・・優しくなんかないさ・・・」


あおい
「ふふ・・・・(笑)・・・なんかタケチトさん話しやすい・・・」



僕たちは話をしていくうちに、夜もすっかりふけて・・・・



夜中の0:00・・・・















クリスマス・イブ・・・・・・
yun_4152[1]
No.4152 「赤レンガ倉庫のクリスマス」

( Photo by (c)Tomo.Yun )
*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net



ハレルヤ、もろびとこぞりて
defaultCAMPXEL9.jpg




CHRISTMAS CAROLS - CELINE DION -Oh.....
defaultCAO4TZHR.jpg











12月25日・・・・・


クリスマス・イブとなった・・・


まどか
「おめでとう!メリークリスマース!」


全員
「イェーイ!」


改めて全員が拍手をしてクリスマスを祝う!


すると、竜也が何やらプレゼントを持ってくる・・・そして・・・


竜也
「あおい、クリスマスプレゼント」


竜也はあおいにクリスマスプレゼントを用意していたのだった・・・・


あおい
「えー!嬉しい!ありがとうー!」


あおいは凄く喜んでいる。


竜也
「はい・・・開けてもいいよ・・・」


竜也は小さな小箱をあおいに渡す。


あおいは小箱を受け取り中を開ける。


あおい
「何かな・・・・うわー凄い!」







yun_2318[1]

No.2318 「宝石の輝き」
( Photo by (c)Tomo.Yun )
*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net






それは、ダイヤのリングだった。


あおい
「わあ・・・凄く嬉しい・・・・大切にするよ・・・竜也・・・本当にありがとう!」


竜也
「・・・・いや、気に入ってくれたなら嬉しいよ」


まどか
「ヒューヒュー!」


優子
「竜也さん、男前!」


秀人
「かっこつけやがって・・・」


壱岐
「竜也・・・俺にはプレゼントはないのか?」


竜也
「お前には今度、うまい酒でも買ってきてやるから」


壱岐
「けっ・・・・あおいにはダイヤで俺には酒か・・・でも・・・仲良くやれよ、これからも」


竜也
「ああ・・・・」


あおい
「みなさん、今日はありがとうございました!」


竜也とあおいはいいムードになってきたのでここらは気をきかせて(空気をよんで)帰ることに。


壱岐
「あっ・・・・俺、明日の朝、仕事早いから・・・・そろそろ帰るわ」


竜也
「いいじゃん、まだ大丈夫だろ!」


”うそをつけ!竜也の奴め・・・・あおいと二人っきりでいたいくせに・・・・笑”


壱岐
「いや、本当にいたいんだけど・・・明日本当に早くて・・・悪い!」


秀人
「あ・・・・おれそろそろ帰るわ」


まどか
「・・・・じゃあ、お邪魔ものの私達もこの辺りで去りますわ!」


竜也
「おっ・・・・お前らなあ・・・・・・苦笑」


あおい
「・・・・・ははは・・・・・」


優子
「あおい、じゃあ・・・今日は・・・ゆっくり、た・の・し・ん・で・ね!」


あおい
「ちょっと優子!変な言い方よして!」


壱岐
「まあ・・・・とにかく僕たちは帰るから・・・・それじゃあ・・あおいさん、またね!」


あおい
「まどか先輩、優子、秀人君、タケチト君・・・・今日は本当にありがとう!」


こうして・・・




クリスマス・イブになるとともに・・・・




僕たちは解散したのだった・・・・




誰か僕にもプレゼント・・・・




くれないかなあ・・・・・




yun_4154[1]

No.4154 「鹿のイルミネーション」

*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net














【白銀の雪世界に導かれしもの】


新年も明け、西暦は2005年になる。


1月も下句になり、僕は会社のスキーツアーに友人を誘い、友人たちでスキーに行くことにした。


メンバーは、まどか、健二(まどかの彼氏)、竜也、あおい、秀人、優子・・・・他、彼らの友人、壱岐の会社同僚、などで全員で15人ほど・・・・


行先は兵庫県のハチ北スキー場・・・


1夜行1泊2日でスキー旅行だ!



1日目の朝・・・・ハチ北スキー場に到着!


僕は、竜也、秀人、会社の同僚らと中心に上級コースを行く!


やはり上級コースは凄かった・・・・


崖が急斜面とか、いうレベルではない!



しかし・・・・



雪景色は本当に素晴らしかった・・・・・



yun_3251[1]
No.3251  「雪原」
*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net







女性陣は、下の緩やかなコースで滑っている。


壱岐
「おい、そろそろ下に降りてもう少し緩やかなコースに行こうぜ!」


竜也
「あんなゆるいコース行けるかよ、小学生じゃあるまいし」


壱岐
「竜也、お前、あおいさんが緩やかなコースで滑っているのに行ってやったらどうだ」


竜也
「・・・・うーん・・・午前中には俺がずっとスキー、教えていたんだけだんあ・・・・なんせ、あおいは戦う力が消えている・・・こけてもこけても起き上がる力を俺は望んでいたんだが・・・あおいはこけてもなかなか起き上がらないからなあ・・・・苦笑」


秀人
「でも、お前彼氏だろ!もっとサポートしてやったらどうだ!」


健二
「大丈夫大丈夫!まどかも適当にやってるし・・・みんな仲良く下で滑らせておいたらいいよ!笑」


秀人
「全く・・・・彼女がいるやつらは余裕だなあ・・・・・なあタケチト・・・」


壱岐
「ああ・・・そうだな・・・・・笑」


やはり二人とも本当は彼女とずっと一緒に行動したいかもしれないけど、僕や秀人がひとり者なので気を遣っているのだろう・・・


でも正直、一緒に滑れる人がいるということは羨ましかった・・・


現に・・・夕方は竜也も健二もまどかやあおいにつきっきりだったから・・・


僕は、秀人・・・それに会社の同僚の子たちと・・・野郎たちばかりで楽しく寂しく(笑)スキーしたのだった・・・


yun_3389[2]

No.3389 「雪原の日暮れ」

*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net










スキーも2日目・・・・


今日は僕は単独行動を取っていた。


最終日ということで僕は自分の好きなコースをまわりたかったこともあるため。


すると・・・・


一人でいた僕の前にあおいが横切ってきた。


壱岐
「あ、やってるな!竜也は?」


あおい
「竜也のやつ、一人で上級コースの頂上まで行くって・・・リフトで最上級コースへ向かったよ」


壱岐
「マジで!あいつ・・・まあ腕はあるんだけど・・・・怖いもの知らずというか何というか・・・・」


あおい
「もう・・・・竜也は本当に命知らずで、何でも挑戦屋さんだから・・・心配するよ・・・・苦笑」


壱岐
「まあまあ・・・・あいつは野球でも負けず嫌いなところが強かったから・・・負けん気の所は自分が納得するまでやめれない・・・・だからツ用船してるんだと思うよ・・・」


あおい
「わたしは一緒に滑りたいだけなんだけどなあ・・・・笑」



壱岐
「そう言わずに・・・じゃあ、みんな探して一緒にみんなで滑るか、あおいは竜也さがして!」


あおい
「オッケー!」


僕とあおいは僕たちの仲間を導き、白銀の雪世界には一つの集団グループが生まれた。


その集団は僕たちのスキー参加者メンバーたち・・・


このスキー旅行は僕たちの最初の旅行だった・・・









この時がたぶん・・・・














僕の知る範囲では・・・・














竜也とあおいの・・・・














愛し合った二人の軌跡である・・・














最初で最後の旅行だったのかな・・・・



yun_3235[1]
No.3235 「樹氷と青空」
*この写真はゆんフリー写真素材集より使用させて頂いております。
http://www.yunphoto.net







誰一人・・・














優しさと強さがなければ生きてはいけないと・・・














教えてくれたのは・・・














去り行くあなたでした・・・



GLAY / Way of Difference
defaultCAXS1Q2T.jpg













ささいな一言


ささやかなすれ違い


想いは、あばねく銀河に広がる


重ね続けた二人の想いは・・・今でも心の炎に燃え続けている


この胸の中に・・・・いつまでも・・・・




竜也とあおいの最初で最後の旅行とは・・・・


二人にいったい何が起こるのか?



次回は


第16章 運命の出会い~自由の女神はほほ笑みかける③


です。


次回もぜひ、ご覧ください!


2010年10月18日
壱岐タケチト





























関連記事

*    *    *

Information

Date:2010/10/18
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://ikitaketito.blog134.fc2.com/tb.php/52-a4511c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
旅行記サーチ  にほんブログ村 旅行ブログへ     人気ブログランキングへ 紹介
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。